クリックタイム
にほんブログ村 音楽ブログへ こちらをクリックしていただきたいです。クリックしていただけるとかなり嬉しいです。 望外の喜びです。
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
リンク
LINKS
SPONSORED LINKS
<< ハードディスクが欲しい | main | 研究にどれくらいの情熱をそそぐのか >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
研究に割く時間
研究に割く時間ってどれくらいでしょうか。
けっこう割きますよね。だって割かないと研究なんて進みませんもんね。

最近の悩みは、研究にどれくらい時間を使わないといけないのかということです。
僕は大学院生ですが、研究との接し方がわかりません。
研究室の先生は研究に全時間を割いて当たり前みたいな前提を押しつけてくるのですが、僕はそこまで研究が好きではありません。
いろんなことを探求するのは好きですが、学校でやる研究はほどほどにしておきたいと思っています。

つまり、そこまで研究に本気ではないんですね。

しかし、学校の先生はそんな理屈が通用しません。一日中、土日も毎日、研究のことを考えていて当たり前、っていう感じの前提を全面に出してきます。
仮にもまだ学生の僕らにそこまで要求するのってどうなんでしょうか。
毎週のミーティングで進捗を報告して、そのときに進捗が遅かったら、とても怒られる。それってじゃあいったいどうしたらいいんでしょうか。難しいです。
大学院生は研究に全生活を捧げるのが普通なんでしょうか。
| - | 05:13 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 05:13 | - | - |
このページの先頭へ